Informationブログ

K様邸 増築工事始まりました。

K様邸 増築工事始まりました。

こんにちは、ハーバーリフォームの野瀬です。

 

9月に着工いたしましたK様邸!

なんとハーバーハウスで新築されたお客様です。

こうしたつながりでリフォーム工事の依頼を頂けるとは!

ありがたく感謝いたします!

 

 

さて増築工事の進捗は、現在基礎の型枠を組む段階まで終わっております。

 

まずは、基礎を正確な位置に作るために行う遣り方の様子です。

この作業が重要で、

基礎を作る位置を図面から実際の敷地へと反映させます。

例えば、この時に斜めにしてしまったら建物も斜めになってしまうのです。

とっても重要な作業で気が引き締まりました。

 

下の写真の道具で作業開始です。

木の杭! 板! ハンマー! 糸! を使用。

まずは、基礎を作る位置の外側に杭を打ち込んでいきます。

次に、杭に板を取付け斜めも板を固定して補強をします

最後に、黄色い水糸をかけ基礎の中心通りを出して遣り方の完了です。

ここまでを現場監督立ち合いの元、大工さんとともに行いました。

そして後日、左官屋さんが現場に入り

敷地を掘削し、根切、砕石、の敷き込みが行われ、型枠を組み上げました。

型枠にコンクリートを流して養生。養生後に型枠を外して基礎の完成となります。

ここまでが現在の工事進捗になります。

 

最後に!

!~今回のリフォーム工事の際に重要な情報となるものをご紹介~!

 

それは今ある建物の柱の中心です。

建築では柱の中心から柱の中心までで長さを考えるため、(尺貫法=1間:1818㎜・1尺:303㎜・1寸:30㎜・1分:3㎜)

既存の建物と繋ぐ際には外壁の一部をめくり確認します。

めくって確認することで、柱・土台等の位置を確認し正確な寸法を現地で測ることができます。

今回のケースでは遣り方の際に、基礎の正確な位置を図るための大切な作業でした。

以上、今週の現場進捗でした。

次回もお楽しみにして下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。